このページの先頭です

2019年11月22日(金)天王寺公園内・天王寺動物園てんしばゲート横に、新エリア「てんしば i:na(イーナ)」誕生。~憩いと遊びのコンテンツにより新たな賑わいを創出~

※【てんしば i:na(イーナ)完成予想イメージ】

近鉄不動産株式会社は、大阪市との協定により管理運営を行う天王寺公園エントランスエリア「てんしば」に続き事業者に選定された、
本年11月22日(金)に開業となる天王寺動物園てんしばゲート横の新エリアの愛称を「てんしば i:na(イーナ)」に決定しました。
「てんしば i:na(イーナ)」は、
約5,000㎡の敷地に飲食施設やアクティビティ施設、動物園グッズショップ、イベント広場などが配置され、
天王寺動物園と「てんしば」を結ぶ新たな賑わいの場として天王寺動物園来園者の期待と余韻を醸成します。
新エリア「てんしば i:na(イーナ)」の開業により、
「てんしば」とともに天王寺・あべのエリアのさらなるにぎわい創出の拠点となることを目指します。

てんしばゲートエリア(てんしば i:na)について

  1. 概要

    所在地:大阪市天王寺区茶臼山町
    オープン日:2019年11月22日(金)
    エリア面積:約5,000㎡

    てんしばゲートエリア対象エリアと内訳を掲載したマップ

  2. 愛称

    てんしばゲートエリア(てんしば i:na)のロゴマーク

    「てんしば」に新しい施設ができて「いいな!」、これまでにない楽しみが増えて「いいな!」、天王寺動物園にもまた行きたいな‥‥などお客様からいただきたいさまざまな「いいな!」の声をそのまま新エリアの愛称とし、「てんしば i:na(イーナ)」と命名しました。 お子様でも口にしやすく、「いいな!に行こう!」という声が溢れることを願っています。

  3. コンセプト

    施設イメージ
    【てんしば i:na(イーナ)完成予想イメージ】

    天王寺動物園の魅力向上を目指し、「育てよう!好奇心」を基本コンセプトに、動物や自然に、そして私たちの暮らしに一層の興味を持っていただけるような施設としました。
    全体を覆う大きなリーフの屋根はその象徴であり、リーフの下でさまざまな出会いが生まれます。また、動物園の退園ゲートを施設内に設置する動物園グッズショップに直結させ、てんしばゲート側から退園されるお客様は必ずこの施設を通る形とする事で、動物園のアフターショーとしての役割も持たせています。

  4. テナント構成

    天王寺動物園のグッズショップや動物の絵本と出会えるカフェを始めとして、公園ならではのガーデンレストランやカフェ、チャレンジ心を育むアクティビティ施設など、憩いと遊びのコンテンツを集めました。店舗名称等のテナント詳細については、後日決定次第お知らせします。

  5. その他:動物園内事業について

    コンテナショップ(飲食・物販)の写真
    【「動物園内エリア」のコンテナショップ】

    当社は、「てんしば i:na(イーナ)」の運営管理の他に、2019年4月1日より「動物園内エリア」において、コンテナショップ(飲食・物販)や動物飼料販売、ベビーカー貸出などの園内サービス事業も行っています。